ザンジバル島北のビーチリゾート、ヌングイ

2017年10月4~6日 In Nungwi (Zanzibar)


ザンジバル島の北のリゾート、ヌングイに移動。


ヌングイへはトラック改造車のダラダラと小型バスがありますが、


どちらも料金は2000シリングだし、乗り場もバスの番号も116と一緒なので、


出来ればバスのがトラックより若干マシだと思います。


宿は日本人に有名な、多分ヌングイで一番安いMagorogoro


テントで$10だったので、そこにしましたが、


初日は他に宿泊客はいないし、


住んでるアフリカ人が何人か居て、


良い人達なんだけど、あまり構われるのが好きじゃなきゃ別の宿、


近くにトラベラーズインがあるのでそっちのが良いかも。


後、広場近くの小さいスーパー(商店?)の近くにドミトリーと書いてる所があったので、


値段は分からないけど、一人旅で安さを求めるならその辺があるけど、


あまり選択の余地がありません。


他は安くて30~50$とボッチパッカーには厳しい値段。


ザンジバルの物価だと長くまったりする気になれませんでした(T ^ T)


ザンジバル、居心地が良いと聞いていただけに残念。


海も確かに白砂のビーチとコバルトブルーの海は綺麗だけど、


画像



シュノーケル好きには全然楽しくない。


これなら沖縄離島やフィリピンの離島やダハブのが楽しいよ??



と言うことで、残念だけど、これでザンジバルを終えるのも悔しいので、


みんなが魚が沢山いると言うMnemba島へのスノーケルツアーに参加してきました。


ツアーはどこで頼んでも25$だったかな。


私は海岸沿いを歩いてて、一番感じが良かった3Brathersという所で頼みました。


ショップはDouble Treeと言うホテルのとなりにこじんまりとあります。


結局はどこも一緒の船なんだけど、


天気を見て当日決めていいと言ってくれたし、


ガツガツしてないし、誠実な人だったので。


ただ帰ってきてから留守番してた人はちょっと感じ悪かったけど。



ツアーは片道2時間かけて島へ行きます。


画像



島は私有地で有料だからなのか上陸はせず、


海からビーチの周りの珊瑚礁を勝手に泳ぐ感じ。


画像



海の色はとっても綺麗だけど、珊瑚は少ない。


画像



魚はそこそこいるけど、あまり珍しい魚は少なそう。


画像



うーん、スノーケルやダイビングの経験がそこそこある人にはボチボチ。


やっぱりスノーケルはダハブで楽しもう。


お昼はMnemba島に上陸出来ないので、ザンジバル本島の海岸へ移動。


画像



上陸はこんな感じでちょっと大変。


マリンブーツが無いと底だたまに岩で危ないです。


画像



画像



ご飯の写真はありませんが、マグロっぽいのをアルミ焼きしたのと


野菜のトマト煮みたいのをご飯にのせるだけ。


フルーツはバナナとスイカ。


トマト煮は味が薄めだし、マグロはほんの一切れしかない。


でもマグロも生臭かったので、十分だった。


作った人にどうだったと聞かれたが、悪いけど正直に、まあまあと。


魚料理は日本人は、特に私、魚好きには臭みとりに生姜を使えとアドバイスするしかなかった・・・(; ̄ェ ̄)


でもこれはタンザニア人が料理が下手な訳ではないと思う。


だってレストランで食べたら美味しいからね。


レストランで修行しなさい!!





と言うことで、全体的にボチボチのツアーでした。



ツアーが終わってそのままストーンタウンに移動。


街歩きはストーンタウンの方が面白そう。




PS. ヌングイはネットが宿で使えなかったので、ビーチ沿いのレストランを利用しました。
そこそこの値段はしますが、シーフードは美味しそうでした。
特にタコやイカは漁師が取ってきたのを地元の人が買って持ち歩いてて、新鮮そうでしたので、タコのソテーを頼んでもみましたが、当たりでした。
タンザニアはマンゴージュースやパッションジュースも安くて美味しいので、これも◎


画像



ヌングイは東海岸と違って北にあるので、夕陽が見れるのが良いみたいだけど、夕陽ってどこも一緒じゃ無い?好きだけど・・・


画像



画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック