夢を旅して

アクセスカウンタ

zoom RSS インドリインドリを見にアンダシベ・マンタンガ国立公園へ

<<   作成日時 : 2017/08/07 15:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年7月31日 In Andasibe


マダガスカルは陸路移動が大変なので、


当初南部にも行く予定でしたが、


モロンダバのバオバブ街道が見れれば良いやと言う気持ちになったので、


出国予定を早めたのですが、


やはり野生のお猿さんも見たくなり、


アンタナナリボ近くの国立公園を調べたところ、


Mantadia & Andasibe National Parkで


マダガスカルのこの地域でしか見れないインドリインドリと言うお猿さんがいることを知り、


しかもインドリコールと呼ばれる珍しい鳴き声を出すと言うことで、


行って見ることにしました。


行き方は東のタクシーブルース乗り場でムラマンガへ行きます。


料金はどこも7000アリアリ。


約2~3時間で到着したら、


バスを降りたすぐ道向かいにアンダシベ行きタクシーブルースの乗り場があり、


そのタクシーブルース?タクシーべー?で約1時間半位でアンダシベの村に到着です。


料金は2000アリアリ


ナショナルパークはアンダシベに着く手前右側にあります。


村からは歩いて2kmほど。


アンダシベは全然情報が無かったので、


バスを降りてからドライバーに聞いて探しましたが、


村の入り口、鉄道駅を過ぎて200mほど先のフイチャーダと言う宿が3000アリアリでした。


画像



16時に着いたので、散歩がてら、国立公園の入り口まで行ってみました。


画像



村から向かうと左側になります。


料金は他の人のブログで見たより2000アリアリも値上がりしておりショック!!


だけどここまで来たら仕方ない・・・(。-_-。)


高いけど、見ずに帰るのも何のために来たんだか・・・・









インドリコールは朝早い様なので、


翌日に備え9時就寝。


朝は5時半から目が覚め、


6時過ぎには歩いて行くことに。


こんな時間でも地元の人はもう活動していて、


マダガスカル人は早起きです。


アンタナナリボはそうでもないけど、


田舎の町は街灯がほとんど無いし、


町ですらない所は家の電気さえついてない所があるから、


早寝早起きが当たり前なのかも。


多分日本だって電気が一般的になる前はどこもそうだったんだろうな。


6時40分頃には国立公園の入り口に着くと、もうゲートも空いてました。



インドリコールを聞くにはまだ早すぎるかなと思って、


だいたい何時頃か聞くと7時30分頃だが、


ガイドのお兄さんはここからゆっくり歩いて行くから、


インドリを探している内に聞けるよと言うので、


1番安い2時間コースをお願いしました。


料金はこちら。

画像




何人かで行けばガイド料が割り勘出来るので良いのですが、


個人で来る人がほとんどいないので仕方ない・・・・T^T



歩いて20分ほどでインドリのいる森に到着しましたが、


ガイドが探してくるからここで待っててと、森の中で独りぼっち・・・


全然猿のいそうな気配がありません(; ̄ェ ̄)


時間が早すぎるのか、天気予報では晴れのはずが、曇で寒いからじっとしているのか・・・・


しばらく辺りをウロウロしながら木の上を見ていましたが・・・・飽きた。


まぁ、動物の事ですから、会えるか会えないかは運次第だもんね。



ガイドのお兄さんは見つからなかったみたいで、


別のルートへ行こうと10分程下って行くと、


音がした様なしない様な・・・・


するとガイドさん見つけてくれました!!!


画像



木の上でじーっとしていました。


よく見ると2匹がくっついてくるようです。


しかも全然動かない。


やっぱりお猿さんも寒いからくっついているんですね(*^_^*)


見つけた時に、背後からも音がしたので、


ガイドさんはインドリは1グループが1ファミリーだから3匹はいるはずと言うことで、


私を置いてまた何処かへ探しに。


画像





独り写真を撮ってると戻って来ました。


見つからなかったみたい。


でもすぐ近くでもう一匹発見。


画像



じっとしてた子達もご飯の時間になったのか、


分かれて食事し始めました。


日が上がって来ると、曇が切れ始め、


日が差してくると、少し動きも活発になり、


木から木へ移動して行きます。


画像



画像



インドリはマダガスカルで1番大きい猿のようですが、


あんな細い枝の上でも枝がさして軋まないのを見ると


やっぱり軽い身体なんでしょうね。


人間は太り過ぎだね。


だからお猿さんの様に木の上で生活出来なくなったんだね。


なんて思いながら写真を撮っていましたが、


それしかすること無いし。


ここのトレッキングはインドリが目的だから・・・・


でも1番期待していたインドリコールがありません。


ガイドさんは遠くで聞こえる音がそうだと言うのですが、


う〜ん、(。-_-。)


全然分からない。


ここにいるインドリさんは鳴かないのかな・・・・






そうこうして多分4~50分同じ場所にいましたが、


他のグループが降りてきたので、場所を譲って、帰ろっか・・・・


画像



画像




インドリコールは残念でしたが、


私達が帰り始めたらドンドングループがやって来て入り口は


受付待ちでいっぱい。


私が1番最初の客だったみたいです。


と言うことでインドリを見つけるのに時間がかかったんだね。


でも今日最初のインドリ見たと言うことだから良かったのかも。







最後にアンダシベの村の様子


画像



鉄道駅


画像



画像



世界 猫歩き\(^o^)/


画像



手乗りカメレオン



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インドリインドリを見にアンダシベ・マンタンガ国立公園へ 夢を旅して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる