夢を旅して

アクセスカウンタ

zoom RSS ランキンからリオドルセへの移動

<<   作成日時 : 2014/12/21 12:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年12月17日


セムクチャンペイの翌日


7時の宿のピックアップでランキンに戻り、


先日の客引きの凄さ同様、


Rio Dulce行きのバスを探すも、


シャトルバスに乗れと言うだけで、


ローカルバスの情報がなかなか見つからない。


しかもシャトルバスが、観光客の足元みてるから、


高い、高い・・・・・・


ローカルで行くなら、


朝3時に出るバスしかないといわれ・・・・・


流石にランキンに何もせず1泊するつもりはないので、


こんなことなら、昨日ランキンで泊まれば良かった・・・・


その方が安いしね・・・・


でも、高い宿に他3人は泊まるって言ってるのに、


私だけ一抜けとか流石に出来ません・・・


他に方法を探していると、


コバンまで出て、そこからローカルバスがあるようですが、


また戻るのもな・・・っと思ったのが間違いでした。




ローカルの広場辺りで情報を探すと


ちょうどCahabon行きのバスを見つけたのでそれに乗ることに。



山道を揺られて、1時間半ほどでCahabonに着いてその先を探すも、



やはりRio Dulceの手前のEl Estor行きは明日の3時しかないと言われ、


更に探すと途中まで行くピックアップトラックがあるとのことなので、


それに乗った。


ここまでは普通のこと。


でも、それも途中何もない分かれ道で降ろされ、


次のピックアップを待っていると、ようやくやって来たので、


Cahaboncitoへ行くか聞いて乗るも、


またもや何もない山の中の小さな小さな集落で降ろされ、


カーボンシート行きを聞くと、明日までないと言われ、


自分が今どこにいるのかも検討つかず・・・・・


宿なんて無いし、半泣きになっていると、


英語を話せる人が、自分の知り合いの所に泊まれるようにしてあげると言われ・・・


って言うか、あなた誰?


あなたの家はダメなのって、聞いたら、


家はここじゃないけど、


この村の人はみんなファミリーだから大丈夫だって、


1時間半くらいで戻るから待ってて言われたから、


聞いたら昨日からの偏頭痛がまた出て来たから、


待ちながら、仮眠を取ろうと思ったけど、


外人かりょっぽど珍しいのか、


子供達が遠巻きに遠いっても2mくらいの所から、


15人くらいにガン見されてたら寝れない・・・・


元気があればもう少し相手をしてもいいけど、


もう、疲れすぎて、頭痛いし、


ごめんなさいして、顔にスカーフかけてふて寝。


でも、2時間以上待っても彼は帰ってこなかった。


ま、グアテマラなら仕方ないけど、


その間もミニバスやピックアップが通っていたので、


行ける所まで行ってみようと、


3時半に再度出発。


それでもカーボンシートにさえ全然近づいていなくて、


よく分からない所で、しかもピックアップの運転手の家で、


明日朝、ここから出なさいと言われたけど、


じゃあ、どこに泊まるのと聞けば、


屋根があるだけの外のハンモックしかないし、


家はダメなのと聞いても


ここで寝ろと・・・・


するとみかんを運ぶトラックが通りかかったので、


それで、先まで行けと言われ、


とりあえず飛び乗る。


ブエノビスタとようやく名前の分かる所に来たけど、


ここからカーボンシートまでは車で45分だけど、


バスはもちろんない。


カーボンシートにぶつかるクレセントだったかなそんな所まで行けば、


バスはあるかもしれない。


歩くと20分ぐらいだと言われ、


歩いていくが、すでに5時半で日も沈み、


急がないと真っ暗になってしまう。


でも途中で有った人に聞くと、歩くと1時間かかると言われ、


暗闇を山の中歩くのは流石に怖くなり、


明かりがあるうちに道沿いの民家に泊めてもらえないか交渉することに。


ボロい小屋みたいな家だから、難しいだろうと思ったけど、


案の定、無理だと言われ、


懇願すると、近所の人もどこからともなく出て来て、


車を捕まえてくれることに。


3台目でようやく止まってくれ、


一番近くのホテルのある村まで連れて行ってくれることになった


この日は名前も忘れたけど、


なんとかホテルに泊まることが出来、


夕飯にもありつけた・・・


しかし、朝、コバンまで出て、



そこから移動していれば、今日中にはつけたかもしれないのに・・・・・



バカだ・・・・


こだわりすぎるのも大概にしないとと思った今日一日。



多分、逆ルートなら、まだバスも昼でもあるらしいし、


あの時、あそこで待たずに更に動いていたら、


エルエストールまで行けたかもしれない。


と思っても後の祭り。


いい勉強させていただきました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランキンからリオドルセへの移動 夢を旅して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる