夢を旅して

アクセスカウンタ

zoom RSS ティカル遺跡@

<<   作成日時 : 2014/12/26 07:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年12月22日 In Ruinas de Tikal


朝起きると外は雨が降った後のように、


濃霧に包まれていた。


しかし、草の上は濡れていたが、


土の上には雨の跡がなかった。


この濃霧がジャングルを育んでいるのだろう。


この分じゃ朝焼けは無理だろうなと思いながら、


遺跡入口に行くと、


案の定、6時まで入れないと言われ待たされる。


なんでこんな時だけグアテマラ人は時間に厳しいんだ・・・


少し薄明るくなって来たので、5分ほど前だが入れてもらえることが出来た。


昨日行った第4神殿まで急ぐ。


途中グランプラザに立ち寄ると、


人一人いない霧に包まれた神秘の神殿がひっそりと佇んでいた。


画像



誰もいない遺跡を独り占めしていたかったが、


朝日を逃すわけにはいけないので、先を急ぐ。


神殿前に着くと、サンライズツアーのグループが降りてきていた。


この濃霧に朝日が見えないだろうと諦めたのだろうか?


長い階段を登り神殿上に着くと


それでも沢山の人がサンライズを見る為に待機していた。


やはりいつも朝日を見ると、


今日も太陽が見れた事に純粋に嬉しくなる。


画像



日が昇ると鳥たちが朝の訪れを喜ぶように鳴き始めた。


画像


画像



鳴き声が煩い鳥だ。


もう少し静かにしていれば、見つからないだろうに、


存在を知らせるかのように鳴くのはなぜだろう。


朝日を見たらほとんどの人が降りて行った。



日が上がって来ると、暑さに霧が晴れてきた。


霧のせいで朝焼けとジャングルに昇る朝日が見れないのは残念だったけど、


霧の中からジャングルと神殿が浮かび上がってくる様は、


なんとも言えず、神秘的。


画像



帰ってしまった人達は勿体無い・・・・


好きな所に好きなだけ居れ、


1人で景色と対話するこの時間が好き。


ツアー参加しない理由はこれ。




霧が晴れてきたので、


観光客が多くなる前に静かな遺跡を見に行かなきゃと急ぐ。


ティカル遺跡は広いので、


朝の早い時間なら意外と遺跡を独り占めする時間が取れる。


画像



日が射してくると、暑い一日の始まりだ。


画像



ジャングルとのコントラストが美しい。


画像



第2神殿の飾り屋根。


第2神殿の階段から第4神殿が見える。


画像



ノースアクロポリスから見たグランプラザと第2神殿


画像



ノースアクロポリス


画像



昨日探したピラミッドは、


Mundo Perdido(失われた世界)の正四角錐のピラミッドだった。


画像



このピラミッドは、ティオティワカン建築の影響を受けたもの


半分は土に覆われたままの状態


このピラミッドは登るのは禁止されているのに、


昨日人が立っていたのはどうしてだろう・・・



私の好きな7つの神殿広場


画像



画像



この二つの小山は球技場の観客席の跡


画像



7つの神殿は古典期後半のものだけど、


広場は紀元前半数世紀前からあったらしい


画像






意外とマイナーな場所だけど、好きなグループG


画像



この左側の小さな入口は人が一人か二人がやっと通れる幅で、


中で曲がっていて、


外敵が入って来れないように工夫されているのかな。


画像








ティカル遺跡は広くて、


しかも私の場合、一つ一つ入ったり出たり、


登ったり降りたりして、じっくり見ていると


人の3倍くらいの時間がかかるので、


疲れるけど、それが楽しいんだな。


まだまだ続きますが、


長いので、ひとまず前半戦はこの辺で、


続きは後半へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ティカル遺跡@ 夢を旅して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる