夢を旅して

アクセスカウンタ

zoom RSS 滝の温泉とリオ・ドゥルセ

<<   作成日時 : 2014/12/21 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年12月18日 In Rio Dulce


さて、過酷な昨日の移動から一夜明け、


到着した村から、El Estorの町までは、


ミニバスがダイレクトであるらしいので安心。


El Estorはイザベル湖の湖畔にある町で、


この湖の下流にRio Dulceがあります。


今日の目的は滝の温泉。


フィンカパライソと言う所に、その滝があるらしいのですが、


Googleで検索した時は、エルエストールの町にあるとの思っていたら、


エルエストールからリオドルセに向かう途中にあるようです。


ミニバスの運転手にフィンカパライソで降ろしてねと言って、


降ろされた所にはレストランがあり、


そこに荷物を置かせてもらい、


入場料10Qを払って、


15分くらい歩くと


ムムム・・・仄かに硫黄の匂いがしてきたと思ったら、



突然滝が現れた。



画像



この滝が温泉らしい。


画像



滝の下流はこんな感じ。


画像



川の水は冷たい。



けど、場所によっては、川底の砂が熱かったりするので、


お湯が湧いているようだ。


滝の水の温度はちょうど42度くらいで、気持ちいい。


半分以上川の中に体が入っていると寒いけど、


足だけ水の中だとのぼせなくて、気持ちいいし、


原理は露天風呂と反対だけどね。


打たせ湯状態で偏頭痛も始めは忘れたように軽くなった。


滝の上に行くと、


画像



小さな湯船状態になっている所が所々あり、


これまた最高


上は水温が高めで44〜45度くらいはありそう。


外人には無理だろうけど、


ちょっと熱めが好きならこちらの方がいいかも。




画像



この川の先まで行くと、


源泉が湧いている場所があり、


二股に分かれているんだけど、


どちらも沸いてる根元の近くに、小さな穴があり、


そこに泥が溜まっている。


この泥が体にいいと聞いていたので、


早速、塗りたくって、源泉で洗い流すと



ツルツルする



泥パックだ!!



私じゃないけど、こんな感じ。


画像




のぼせたら、川に入って、


そんなことを繰り返していたら、


本当にのぼせて、疲れた。


3時間くらい遊んでたかな。


滝の上から飛び込みが出来るんだけど、


セムクチャンペイのスライダーで調子に乗って、お尻打って、


それが痛かったので、今回は年もあるので無理はしませんでした。


ってか、マジで、尾骨か痛い。


これ3〜4日経ってるのに、座る体制によってはかなり痛みがあるから、


ヒビか、骨折してるかも。


カンクンに行っても痛みが引かなかったら、


病院に行かなきゃだな・・・・・




たっぷり遊んで、


Rio Dulceに移動し、


画像



旅友に教えて貰った、


川をボートで5分くらい行ったところにある


Casa Pericoへ


川沿いにはホテルが多く、


ここはその中でもかなり安めで、


雰囲気のいい所でした。



レストランは高いけど。


1泊ならいいかな。


2泊するなら少し簡単に食べれるものを持って行った方がいいかも。


ドミトリーは55Qと60Qがあり、


個室は75Qからです。


ボート乗り場の近くに客引きがいます。


ボートを待つ間、ボート乗り場になっているレストランで荷物も預かってくれます。


他にもいい所あるかもしれないけど、


カヌーも無料で借りれるので、


サンセットやサンライズにカヌーで川を漕ぐが優雅でいいと思います。


画像



画像



画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
滝の温泉とリオ・ドゥルセ 夢を旅して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる