夢を旅して

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅への勧め

<<   作成日時 : 2014/10/12 11:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年10月11日 In San Cristobal de Las Casas


今回はつぶやきです。


先日前回の一周時の旅を少し読み返して、


旅中に思ったことなどを少しつぶやいているのですが、


意外とそれが後で読み返すと


あの時あそこでこんなこと思っていたのだなと


過去の自分に出会い、新鮮な気持ちと言うか


思ったことを忘れちゃあかんなと思ったので、


今思ったこともやはりつぶやいていきたいと思います。


ま、人には積極的に見せるつもりはないのですが、


共感してもらえたり、同じように思って旅に出てもらえたら嬉しいな。





基本旅は新しい場所へ行き、


見たことない景色や、人との出会いが


私の旅の場合の楽しみです。


昔、ワーホリに行って世界が変わったなどと言われていて、


確かに変わった人もいるでしょうが


私の場合は自分を再確認しただけで、


人の性格が変わる物ではないなと悟ったぐらいでした。


オーストラリアとニュージーランドにワーホリに行き、


最後のカナダに行く予定がビザを取り過ごしてしまい、


最後の旅だと決めた南米の旅行で何かが変わったように思います。


欧米諸国は向こうの文化が日本にも入り込こんでいるので、さして珍しくもなく、


逆に英語が話せず黄色人種としての劣等感ばかりが気になっていました。


しかし、南米のラテン気質は引っ込み思案なわたしにも


スペイン語も英語もろくに話せないのに、


向こうも英語が話せないのに


積極的に声をかけてきたり、


インディヘナの人たちは日本人のようにシャイだけど、


お互い話せなくても笑顔に笑顔が帰ってくるし、


習慣、考えの違いでムカつくことも沢山あるけど、


沢山本気で怒ったら、何がなんでも意思を伝えなきゃと


動くようになったし


怒るということは、確かにただ嫌な人もいて怒ることもあるかもしれないけど、


後で思えば、私が日本の考えを現地でも同じように考えて、


その通りにして欲しいと思ったり、


向こうの文化を理解しておらず生ずる誤解のだったりするように思う。


だから、旅に出て性格は変わることはないけど、


多文化に触れることにより、


考え方が変わってきたり、


捉え方が変わってきたと思うし、


日本の良さを再確認したり、


自分はどんな人間でどういう風になりたいか考えるようになったし、


いろんな景色や人に出会い、自分の興味も広がったように思う。






さっきも書いたけど、



欧米諸国の文化は日本にも入って来ているから、


そう言った国に行って、濃い出会いがあったり、


住んでいるのは別だし、違うと思うけど、でも


緯度的には九州以南の中南米や


アジア、中東、アフリカなんかは旅に出るだけで、


簡単に異文化に触れることができると思う。


特に都市部はどこも欧米の文化が浸透してきているので、


都会よりも田舎、昔からの生活をしている人たちに触れるのは為になると思います。


そんな田舎にだって、近代化は押し寄せています。


でも、発展と途上について自分で考えるいい機会になると思います。


と言っても、それに対する答えなんてないと思うんですけどね。



その人その人がそれについて考えることが、


自分の生き方をどうしたいか考えるきっかけになると思います。


そして何と言っても、やはり一人旅。


ツアーでもなく、予定も立てずに興味の赴くままに。


二人だとその分話し相手がいるので世界が篭ってしまう場合もあります。


一人でなんとかしなければいけないと思えば、


誰かに頼ることなく、自分で全ての物事ににぶつかって行くしかないんです。


観光場所をただ巡るのではなく、


生きた人の一番活気がある場所、市場に行ってください。


南米やアフリカ、中東、アジアでも市場は


どちらかと言うとその国では中級以下の人が多く、


治安が悪いと言われる場所も多いです。


でも、そこに住んでいる人がみんな悪い人ばかりだったら、


そんなとこに人は集まらないですよね。


普通の人は大概はいい人ばかりです。


ただ、やはり格差社会が日本よりはるかに大きく、


ただでさえ目立つ外国人は貧しい人の格好の餌食になることもあります。


でも、現地のことを理解し、危ないかどうかはある程度自分で判断出来るようになります。


私もそう言った目にあったことがないわけではありません。


でも、今思い返してみれば、


自分の気が抜けていたり、無知から来ていることが多いのです。


わたしは警戒心を怠らず、しかし人の善良性を信じています。


もし何か悪いことが起こった時は、


何かのサインなんです。


小さなサインを見落とさなければ、決定的な問題にぶち当たることは少ないと思っています。


だから、何かに行き詰まった時は、


そして変えたいと思う人は思い切って旅に出てみてください。


お金がなくても旅はできます。



旅は人の優しさに触れる旅です。


お金がなくても現地で稼いで旅している人もいます。


それは確かに違法だったりしますし、


私はそこまでしたことはありませんが、


旅に関しては、お金がないから出来ないということは


今の日本の社会ではないんです。


日本は裕福なんですよ。


日本で担いでいる大きな荷物が軽くなること請け合いです。



今は海外に出なくても


外国のこともいろんな情報が溢れています。


そこから知ることも多いとは思いますが、


やはり実際に行って、五感で感じるものは


思っていたのとは全然違います。


それも結局はその人の興味がある部分が誇張されているのですが、


だからこそその人にしかない旅があると思うんです。


情報も一緒、


全ては客観的と言っていても


主観が入っています。


世界を見て、いろんな側面を見て、


全ては自分で判断して下さい。


そして自分のことは自分で責任持ちましょう。


若者よ!旅に出よう!



画像








そんなことをサン クリストバル デ ラスカサスの街を歩きながら考えていました。


そうそう、サンクリストバルデラスカサスのオススメの宿を三つ紹介しておきます。


一つは普通のバックパッカー宿
Tata Inti Hostal Intercultural
Hostel Worldのサイトでは$105になっていますが、
朝食なしドミトリーで$80、連泊の場合$70でした。
とても綺麗で、セキュリティもきちんとしています。


もう一つは日本人宿
カサカサ
ドミトリー$70
私が行った時は管理人の方が綺麗好きで綺麗でした。
日本人宿は泊まっている時のメンバーや管理人によって、
また人によって感じ方が違いますので、自分の目で確認して下さい。
場所はネットで調べたらホームページから確認出来ます。


最後は韓国人宿。
カムサ
ドミトリー1泊$120、3連泊$110、7連泊$100
行った時はお客がおらず管理人とオーナーだけでした。
泊まっていませんが、対応してくれた管理人は結構イケメンでした。
韓国料理も食べれることがあるみたいです。
韓国人好きの方はお勧め。綺麗でした。
場所は5 de Mayo の#18でrす。
看板は出ていませんが、ベルの所に日本語と韓国語で書かれています。


3つとも個室もありますが、


聞いても泊まるつもりがなかったので、覚えていません






こんな取り留めもない思ったことを


ツラツラと書いただけどの文章を読んでくれて、


旅に出る人がいるのだろうか?


でも一人旅が少しでも増えてくれたら嬉しいな。


旅は半分以上は人との出会いです。


沢山の人と出会って下さい。


きっと自分を変えてくれる人との出会いがあるかもしれません




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅への勧め 夢を旅して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる