夢を旅して

アクセスカウンタ

zoom RSS 大移動 パート2(ルアンパバーンからチェンマイへ)

<<   作成日時 : 2013/01/10 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年11月21〜23日


さてさて、またもや3日掛けての大移動。


ラオスからタイへ


ミキちゃんがチェンマイまで行くバスがあるみたいですよ、と


教えてくれたんですが、ラオスの道をバスで移動するのにコリゴリだったので、


兼ねてから考えていたスローボートで移動することに。


バスだと2日でチェンマイまで行けるし、スリーピングバスなら寝台のようにフルフラットなので、


意外といいらしいのですが、今回のチェンマイ行のバスは普通のVIPバスだったし、


メコン川でゆったり移動するのもいいなと思っていたので、


兼ねての考え通りラオス人の昔からの移動手段であるスローボートで移動することに。


ミキちゃんもチェンマイまでは一緒に行くというので、


チェンマイまでは二人旅に。


メコン川からの景色はほのぼのとしていて、


画像



一日中あまり変わらないけど、ラオスらしさが出ていて


船が心配だったミキちゃんも、長い移動にもかかわらず、


動けるし、人も少なく横にもなれるし、そんなに揺れないし、


画像



安心したみたいで、誘ったわけじゃないけど、せっかく一緒に行く人がつまらないと


申し訳ないので、良かったなぁ。


画像



ラオス人の足なので、川沿いに小さな集落があり、


降りる人がいると子供たちが寄ってくる


画像



川が遊び場です。







ルアンパバーンを9時に出て、ポークベンと言う町に17時頃到着し、宿探し。


ポークベンは途中の村と違って、スローボートが停泊する街だからか、


宿場町のように客引きや、ネオンが神々しいけど。


それ以外は何もない小さな町。


といっても、翌朝9時ごろ出発なので、何も観光していないので、実は何かあるかもしれませんが・・・・。


翌朝ポークベンを出ても、景色はほとんど変わらず、


今日も船はゆっくりゆっくり進みます。


画像



同じ船に乗ってきたラオス人の家族は、


奥さんがおばさんと一日中カードゲームをしていて、


子供の世話は旦那がすべてやっていた。


子供が泣くと旦那が呼ばれる・・・・・


ラオスってそんな国だっけ・・・・?


でも、旦那が男前だったよ。


ちょうどルアンパバーンから同じ船に乗っていた日本人の男の子が、


あのお父さん、角度によっては玉山鉄二に似てるって!!


そう言われれば、なんとなく斜めから見ると・・・・・


でも、子供が全然泣かなくて、かわいかった






そして、景色は変わらず、


画像



メコン川では、生活感たっぷりの景色が・・・・・


画像



パンツを脱いで・・・・・


画像



画像



手ごきのボートで家族の夕飯でも獲っているのかな?






夕方、川向こうには金ぴかのお寺が・・・・・・


画像



もう、川の反対側はタイなんです。


タイ側はなんか整備されてる感が・・・・・


国の豊かさが川で、遮られているだけで、


国境なんて通らなくても、すぐに行けるのにね。


さすがに、船旅んくたびれてきていたので、


もうそこで降ろしてください!!


って感じですけど、まだまだ・・・・・



5時半ごろようやく国境の町、サーフェスに到着。


国境はすぐそこかと思いきや、トゥクトゥクで行けと・・・・・


国境クローズの18時まで時間がないので、


日本人3人と同じ船に乗っていた欧米人のご夫婦と一緒にイミグレへ


17時を過ぎたら、手数料1ドルってなにって思ったけど、


ラオス側で泊まるとなると明日のチェンマイ行のバスの情報がつかめないので、


一ドルくらい仕方がないかと、素直に払ってタイ行の渡し船へ


画像



あ〜長い旅だった。


無事にタイのチェンコーンに到着し、宿探し・・・・。


余ったラオスのお金はタイでは使えません。


タイ人曰く、ただの紙だそうです。


チェンコーンに着いたら、コンビニはあるし、銀行も多いし、屋台も市場もにぎやか・・・・・・


北部の国境に接した小さな町でも、ラオスから見たら大都会・・・・・


あ〜、旅って面白い


チェンコーンからのメコンの朝日は最高だったよ


画像



画像




小さな幸せをいつも見つけられるといいね。


それは気持ちの持ちようなのかもしれません。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大移動 パート2(ルアンパバーンからチェンマイへ) 夢を旅して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる