夢を旅して

アクセスカウンタ

zoom RSS 線路は続くよどこまでも

<<   作成日時 : 2010/01/23 06:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010年1月15日


朝、6時に82kmへ行くコレクティーボに乗る為に5時起き。


今回も前回同様電車は使わず、歩きとバスで行くことに。


オアシスルートという名前が付けられているのだが、オリャンタイトンボとアグアカリエンテス、サンタテレサ、サンタマリアという町を通るルートのことで、前回は逆ルートで行ったのですが、今回はそのままで行くことに。


逆ルートだと電車のセキュリティーを気にする必要は無いのですが、ゆるいけど、登りになるので、体力的には今回のほうがましなはず。


でも、この日は朝から雨で、出発するときにはやんだのですが、途中何度も小雨が降り、靴が濡れたのが最悪だった


でも電車で往復すると見れない景色が見れるし、歩いている途中にも5箇所ほど遺跡が見れ、


画像


画像


画像


画像


画像


画像



轟々と洪水のように流れるウルバンバ川と両脇はそびえ立つ山と雨による滝なんかが見れて景色はいいんです。


でも、この日歩き始めてすぐの遺跡に着いて、写真を撮ろうと思ったら・・・・・




カメラがない




やばい・・・・・


ポケットに入れてあったのだが、バスの中に落としたか・・・・


ここまで来て、またもやペルー、マチュピチュの写真を撮れないのかと思うと・・・、それにまだ旅は長いのだ・・・




あわてて30分歩いた道を戻る




あ〜



コレクティーボいた


運転手に身振り手振りで説明すると


運転席の毛布の中に隠してあった。


素直に出してくれたから、いい人で良かった


たまにしら切られるからね。こっちの人は・・・。


引き返しながらこの時ほど神にお願いし、感謝したことないかも




だから雨ぐらいいいんです





さてカメラも見つかったことだし、と歩き始めたが・・・


28km平坦な道なら全然歩けるんですが、鉄道の敷板の感覚はバラバラだし、ゴロゴロ石が足場を不安定にし、下を見て歩いているから肩が凝る


さすがに足もだいぶ棒になり、残り3分の1がきつかった。


しかもアグアカリエンテス(マチュピチュ村)でも金曜のせいか一人だとシングルが無いとか、ツインで高い値段しかなくほとんどの宿を回ったが良いところが無かったので、仕方なく妥協し、温泉近くの「EL MISTICO」という宿に。


南米なのに何故かドリームキャッチがあり、インディアンな雰囲気。でもレセプションには南米インディヘナの絵がたくさん飾ってあり、アーティスティックな宿でした。


お茶も自由に飲んでよかったので、マチュピチュの安宿の中ではマシなほうかしら。





今日はとっても疲れたので、メルカドの上の食堂でソパを頼んだら、スープスパで、隣の人はちゃんと鶏肉が入っていたのに、私のは鳥の足が2本・・・


足といっても、モモではなく、ほんとに足首から下。


食べる肉なんてないし、さすがにちょっとグロかった。


あ〜、散々な日だ。


明日も早いから、今日は早く寝よう







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんってったってあ〜た!!
カメラが有ってよかった!!!!!

わ〜い!わ〜い!わ〜い!!(胴上げ)


以上です。
いや〜〜〜〜〜!!
2010/01/23 20:56
本当にあってよかったよ。
引き返しながらマジで生きた心地しませんでした。
sola
2010/01/23 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
線路は続くよどこまでも 夢を旅して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる