夢を旅して

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィニペグ→チャーチル

<<   作成日時 : 2009/10/28 11:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009年10月26日  曇り時々雨


電車は予定時間を40分ほど過ぎてからようやく動き出した。


街を過ぎると地平線まで続く草原だ。


この電車はチャーチルに直線には進まず、ウィニペグ湖を迂回するようにSASKATCHEWAN州に入っていく。


そう言えばトロントであったチャリダーがカルガリーからはひたすら平原で、ウィニペグが都会に見えたと言ってたっけ。


時々?いやしょっちゅう汽笛が鳴ってうるさい。


よく見ると平原を横切る農道が線路をまたぐ道を通り過ぎる際に電車が来たことを知らせているようだ。


でも、こんな何も遮るものもない道だから普通は分かると思うんですが;・・・


夜中にTHE PASという町を通り過ぎたようだ。


マニトバ州に戻ったら、周りはまた林・林・林と湿原の世界



ところどころ落葉松のような木が黄葉しているが、白樺は枯れ辺りは茶色の世界。


写真を撮りたいのだが、今回はパノラマカーが付いてないし、窓も薄く曇り水滴が付いていてイマイチだ。


今回は前回の教訓を生かし、電車の中は食料を始め、寝る場所もしっかり確保し、かなり快適です。


北へ向かうこの電車はだんだん雪の気配がしてきて、なんか寂しい景色なのに、心がシンとして来るのはなぜでしょう。


感動して泣けてくるのではなく、なぜか遠い記憶を呼び覚ますような哀しさが込み上げてきます。



画像


画像


画像


画像











星野道夫さんのエッセイを読んでいたせいか、文章がなんだかいつもと違う気がしますがあしからず・・・


チャーチルに到着しました。

画像



思ったほど寒くなく、今年は例年よりも春も夏も1ヶ月遅いらしく、ハドソン湾の凍結も遅くなるようです。


そろそろ流氷が漂ってもいいはずなのに・・・、


それだけシロクマが猟が出来る期間が短くなるということ。


地球温暖化は止められないのでしょうか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
“遠い記憶を呼び覚ますような・・・・”魂が君の体と旅をしているのだよ・・・。
温泉マンゴー
2009/10/28 20:02
そうだね、モンゴリアンの血があたしを彷徨わせているのかもね。
sola
2009/10/30 01:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィニペグ→チャーチル 夢を旅して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる